Make your own free website on Tripod.com

スキン解説

スキンの作り方

padlight.exeと同じフォルダにskin.iniが入ったフォルダを配置するとスキンとして認識されます。 フォルダ名がそのままスキン名になります。
skin.iniの書式

表示

padlightのスキンは、以下の3つの方法で画像を表示できます。

  • 通常のボタン画像表示
  • マーキー
  • フロー

通常のボタン画像表示

パッドの各ボタンに対応する画像を、ボタンの押下状態に応じてリアルタイムに表示します。 押されている時と離されている時の画像を個別に指定できます。

マーキー

パッドの各ボタンに対応する画像を、押された順に一列に並べて表示します。

フロー

パッドの各ボタンに対応する画像を、縦または横に移動させながら表示します。 画像はボタンが押された瞬間から表示され、指定された距離だけ移動した後消えます。 また、ボタンが押された時だけでなく、離された時にも画像を表示することができます。 さらに、ボタンが押されたときと離されたときの画像の間に矩形を表示することができます(バー表示)。

skin.ini

General

スキン全般の設定です。
※ グレー表示は古い表記です(あれば読みます)

キー名説明
File_Background 画像ファイル名 背景に表示する画像
BackgroundColor R,G,B
0〜255 コンマ区切り
背景色
Width 整数 ウィンドウの幅
Height 整数 ウィンドウの高さ
AnimationWait 整数 アニメーション時のウェイト。
1で60fps、2で30fpsという感じ
Center 0か1 画像を配置するときの基準。
0=画像の左上隅、1=画像の中心
AntiAlias
AA
0か1 アンチエイリアスを使うかどうか。
0=使わない、1=使う
8Direction
Naname
0か1 斜め入力用の画像を使うかどうか。
0=使わない、1=使う
Marquee8Direction 0か1 マーキーで斜め入力用の画像を使うかどうか。
0=使わない、1=使う

Up, Down, Left, Right,
Button1〜32,
UpLeft, UpRight, DownLeft, DownRight,
MouseLeft, MouseRight, MouseMiddle

ボタンの押下状態を表す画像の設定です。
※ UpLeft, UpRight, DownLeft, DownRightは斜め入力用の設定です。 8Direction=1の場合、斜め入力されると縦横の画像は表示されず、斜め方向の画像のみ表示されます。
※ MouseLeft, MouseRight, MouseMiddleはそれぞれマウスの左、右、中央ボタンに対応しています。

キー名説明
File_Push 画像ファイル名 ボタンを押しているときに表示する画像
File_Free 画像ファイル名 ボタンを離しているときに表示する画像
Position X,Y座標
整数 コンマ区切り
画像を表示する位置。ウィンドウの左上隅が0,0
Size 幅,高さ
整数 コンマ区切り
画像の大きさ。アニメーションする場合は1コマ分の大きさ
Priority 整数 描画優先度を指定。数値が小さいほど手前に表示されます
Sound_Push 音声ファイル名 ボタンを押した時に再生される音声ファイル(wavやmp3などメディアプレーヤーで再生できるもの)

Marquee

マーキー表示の設定です。

キー名説明
File_Up
File_Down
File_Left
File_Right

File_Button1
File_Button2
・・・
File_Button32

File_UpLeft
File_UpRight
File_DownLeft
File_DownRight
画像ファイル名 ボタンが押されたときに表示する画像
Position X,Y座標
整数 コンマ区切り
マーキー表示エリアの左上隅の画像の表示位置
Size 幅,高さ
整数 コンマ区切り
画像の大きさ。アニメーションする場合は1コマ分の大きさ
Length 整数 マーキーに表示するボタン画像の数
Direction Up, Down, Left, Rightのどれか マーキーのボタンが流れる方向

Flow_Up, Flow_Down, Flow_Left, Flow_Right, Flow_Button1〜32

フロー表示の設定です。

キー名説明
File_Push 画像ファイル名 ボタンが押されたときに表示する画像
File_Free 画像ファイル名 ボタンが離されたときに表示する画像
Position X,Y座標
コンマ区切り
ボタンが押された瞬間の画像の位置
Size 幅,高さ
コンマ区切り
画像の大きさ。アニメーションする場合は1コマ分の大きさ
Length 数値 画像が流れる距離。画像はこの距離だけ移動した後消えます。
Direction Up, Down, Left, Rightのどれか 画像が流れる方向
Speed 実数 画像が流れるスピード。1フレームに何ピクセル進むかを指定します。
Bar_Color R,G,B
0〜255 コンマ区切り
バーの色
Bar_Width
整数
バーの幅
Bar_Position_Push X,Y座標
整数 コンマ区切り
フロー画像に対するバーの相対位置
Bar_Position_Free X,Y座標
整数 コンマ区切り
Bar_File 画像ファイル名 バーの背景画像。バー全体に引き伸ばして表示されます

使用可能な画像フォーマット

png(αチャネル使用可)
bmp(たぶん)
jpg(たぶん)
ほか

画像ファイルとアニメーションについて

アニメーションの1コマ1コマを縦につなげた画像ファイルを作り、 skin.iniのSizeで1コマあたりの大きさを指定すれば、アニメーション表示できます。 また、アニメーションする速度は、skin.iniのAnimationWaitから指定できます。